コメントはまだありません

久しぶりの本番終了♪

9月13日(日)1900人超集客できる杉並公会堂大ホールに100名定員で贅沢なガラ・コンサートを開催し、無事終了いたしました。

舞台監督は穂苅竹洋さん、照明は三輪徹郎さん。杉並区民オペラで御世話になっている方々です。
素舞台の予定でしたが、8月末の打ち合わせで、コロナでオペラ公演が中止になり元気のなかった代表の大久保氏が覚醒!!「柱を立てよう♪照明を入れよう♪」と楽しそうに提案されてこんな素敵な舞台になりました(^^♪

 

急いで近寄って~~~!!みんな息を止めて~~~!!ハイ・チーズ♪(古い・・・けど本当にこれでした)

1時間程度と短い時間でしたが、すっごく贅沢な空間で久しぶりに音楽に浸ったお客様が楽しそうに帰路につかれました。まだまだホールに足を運ぶのを控えておられるお客様もいらっしゃいます。

9月13日ガラ・コンサート


感染症対策の一つとして、会場でのプログラム配布を取りやめました。こちらの「9月13日ガラ・コンサート」記事に動画プログラムとして出演者の一言がございますので是非ご覧ください。
同じく感染症対策の一つとして、アンケートの配布も行わず、「9月13日ガラ・コンサート」記事下部にアンケートをつけました。御回答よろしくお願いします。

「アートにエールを!」にご支援いただいて開催いたしましたので、10月半ば~末頃にこのコンサートの映像を30分くらいに編集したものをアップ致します。
お楽しみに♪

コメントできません